スポーツリーダーからコーチングアシスタントへの移行申請方法

重要事項:JSPO公認コーチングアシスタントへの移行申請の期限について
令和5年(2023年)10月までに必ず移行申請を行って下さい。
※10月末までに申請を行った場合、翌年3月に登録手続き、4月より資格有効となります。
※10末までに申請を行わなかった場合は、翌年の4月から資格有効となりませんので、ご注意ください。

■2020年~指導者資格が新システムとなりました。
スポーツ少年団の「認定員」&「スポーツリーダー」資格
「認定員」は2020年度から廃止となっています。
「スポーツリーダー」資格は継続的な更新講習の必要が無い永年資格であります為、2024年度からは「スポーツリーダー」資格ではスポーツ少年団の「指導者」としての登録ができなくなります。

その為、「指導者」として登録するには新資格「コーチングアシスタント」への移行が必要となります。
移行期間が設けられています。
2023年までに「スポーツリーダー」の有資格者は「コーチングアシスタント」に無講習で切り替えが可能です。
※2023年10月までに移行申請を行って下さい。
※切り替え時、事務手数料3,000円+登録料10,000円(4年分)の費用が発生いたします。
※4年毎に、更新講習を受講する(指導に必要な新たな知識を学ぶ)必要があります。
※移行期間経過後は、所定の講習プログラム(有料)の受講が必要となります。

■移行申請方法
JSPO指導者資格である「コーチングアシスタント」は、スポーツ少年団ではなく、日本スポーツ協会が一元管理する個人資格となりますので、申請は日本スポーツ協会のWEBページ「指導者マイページ」から各自で申請する必要があります。

1. 指導者マイページ新規登録 方法

日本スポーツ協会-「指導者マイページ」で「新規登録」を行います。
メールアドレスを入力し「送信」ボタンを押す。
 
入力したメールアドレスにスポーツ協会よりメールが届きますので、メール内のリンクをクリックして、マイページを登録する。
 
再度メールが届きますので、ログイン後、個人情報を入力し、登録規程に同意して本登録を完了する。

2. コーチングアシスタントの資格申請 方法

マイページのメニュー「資格を取得する」→「免除申請」をクリック
 
免除申請ページで、「資格で探す」から「コーチングアシスタント」をチェックし「検索」ボタンをクリック
 
検索結果の「コーチングアシスタント」をクリック
 
コーチングアシスタント免除申請ページの
免除申請、共通科目免除理由欄の
「スポーツリーダー認定証/スポーツ少年団認定員認定証」にチェックを入れる
添付書類欄で、「ファイルを選択」ボタンをクリックして、
「認定員/スポーツリーダー認定書」もしくは「WEB登録システム内の指導者ページ」のキャプチャー写真を貼付する。
「確認」ボタンをクリックして、次のページで内容を確認後、申請を完了する。

コーチングアシスタント講習免除申請

下は、認定書のサンプル写真です。
登録前に、認定書を写真に撮る、もしくは、スキャナー等でスキャンして画像にしておいてください。
講習免除申請するには、認定書もしくはWEB登録システム内の指導者ページ画像が無いと申請できません。
認定員・スポーツリーダー認定書
※上の認定書の画像に加えて、スポーツ少年団WEBシステム内の指導者個人ページのキャプチャ画像でも可能となりました。
※WEBシステムへのログインにつきましては、団責任者にお尋ねください。

■詳しい移行説明やマニュアルは日本スポーツ協会ホームページへ
※詳しい説明、マニュアルは日本スポーツ協会のホームページをご覧ください。
公認コーチングアシスタントへの資格移行【旧認定員向け】

※その他

■指導者マイページ 登録についての疑問がある場合は
公認スポーツ指導者登録係 へ連絡して下さい。
TEL:03-5148-1763 (平日10時~17時)